横山表具店は掛け軸、額装、屏風、額などのシミ抜き、汚れ取り、折れ、破れの修理・修復・補修、表具洗い・クリーニングの専門店

横山表具店 創業明治四十一年

美術品の終活をお考えの方へ

皆様と古美術・骨董業界との橋渡しをいたします

最近「終活」という言葉をよく聞くようになりました。当店においても、お客様からのお問い合わせで、それに関わるご質問が増えてきました。
「祖父や父から引き継いだ、掛け軸や屏風などの美術品があるが、どうしたらよいでしょうか?」というものです。
私どもの勝手な推察で売却されたいのかな?と判断し、古美術・骨董商にご相談されては?とお答えしておりました。しかし、皆さんが必ずしもそういうお気持ちばかりではなかったのです。売却や廃棄で処分したい気持ちはあっても、せめてなにか一点は手元に残したい、でもそれに値するものが何か判断できない。骨董店に問い合わせようにも、普段は全くお付き合いもないので不安だ。などの理由で私たち表具店に問い合わせることになるようです。

その不安の主な理由は、その家の美術品が美術品としての価値が低いと思われるような場合、バカにされないかということのようです。決してそのようなことは無いのですが、多くの方がそのように感じるのもわかる気がします。
しかし私たち表具屋は、日頃から襖や障子の張り替えを通して、古美術商の方々よりは一般的な家庭とは接点があり、お声掛けしやすい立場にいると思うのです。
また私たちは、古い掛け軸や屏風を扱うという仕事上の性質から、古美術・骨董商の方々とは常にお付き合いがあります。
そういう観点から、皆様と古美術・骨董業界とを橋渡しするようなサービスをご提供できればと思い、ここにご提案することにしました。
1.きれいさっぱり処分したい皆さんには、信頼のおける業者の方々をご紹介します。
2.何か一点または数点残して処分したい皆さんは、お手元に残す美術品について具体的な方法をご提案します。
それは、現状のまま傷めないように管理・保存するにはどうするかのアドバイス、修理・修復のうえ管理・保存する場合は、お見積りと作業方法をご説明する、ということになります。

現在のところ、試験的なサービスとなりますので、ご紹介・ご提案・説明・アドバイスにつきましては無料にて行っております。
(但し、交通費等諸経費につきましては料金が発生する場合があります。)
どうぞ遠慮なくお問い合わせくださるよう、お願いいたします。